【Amazon AWS認定資格】AWS Certified Machine Learning – Specialty の勉強方法

ビジネススキル

こんにちは、しらすです。

先日AWS Certified Machine Learning – Specialtyの資格を取得したので勉強したことを備忘録として残しておきたいと思います。こちらはAWSの専門領域の資格になっています。ネット上でもいくつか情報はありますが、これから本資格を受ける方の参考になれば幸いです。

AWS Certified Machine Learning – Specialty 試験概要

概要

基本情報

出題数:65問 前後
試験時間:180分
合格ライン:750 / 1000点
受験費用:30,000 円(税別)

Amazonの公式ページはこちらからアクセスできます。試験の申込も公式ページから可能です。

難易度

機械学習/AIに特化した専門試験で、AWSの知識だけでなく一般的な機械学習の知識も聞かれます。ツールとしてはそれほど多くないため、AWSの知識としては初級レベルです。機械学習の基礎知識がある方には比較的容易な試験となっております。

受ける人の知識量によって学習時間は異なりますが、機械学習の基礎知識がある人であれば20~30時間ほどで合格できる内容かと思います。

評価されるスキル

  • 分野 1: データエンジニアリング (20%)
  • 分野 2: 探索的データ解析 (24%)
  • 分野 3: モデリング (36%)
  • 分野 4: 機械学習の実装と運用 (20%)

学習用のツール

Amazon公式のクラスルームが用意されており、無料で利用できるものもあるようです。ただ、あまり効率は良くないと思います。

機械学習/人工知能の一般的な知識については様々な書籍がありますが、Stanfordの以下のコースはわかりやすくておすすめです。Hands Onと模擬試験はUdemyのコースがヒットしますが、残念ながら完全に英語、なんと字幕も英語です。画面の動き見ながら何となくHans Onでやれるので、やらないよりはやった方がいいか、、、くらいです。試験問題集はやっておいた方がいいです。Stanfordのコースと模擬試験を頑張って翻訳しながら何周かすれば試験をパスできるレベルに行きつけるかと思います。

Stanford (Coursera)機械学習の勉強用
AWS Certified Machine Learning Specialty 2021 – Hands On!AWS試験の学習用動画コンテンツ
AWS Certified Machine Learning Specialty Full Practice Exam試験問題集

私はxxxで勉強しました。ギリギリでパスしましたが、模擬試験の問題もしっかり勉強しておけばよかったと思いました。また、今後のレベルを受けていくなら、演習などもしっかり実施していかないといけません。

試験結果

結果
受験回数 1回
受験日

2021年6月24日

結果

730 点 不合格

勉強時間 10時間

ほとんど勉強時間が取れず、ダメでした。。。正直、AWSのSage makerなどのツールを調べる時間がほとんどなく、機械学習/人工知能の一般論を少し学習しなおした状態でした。「意外と点取れた!」という感想ですが、運もあったと思います。ある程度知識がある状態なら、模擬試験だけしっかりといていれば合格できるかもしれません。

ラッキーなことに今なら無料で再受験できる!ということで再度勉強して挑みたいと思います!

筆者の情報

C,C++を中心に組込系エンジニアとして約7年勤務。趣味でPythonを3年ほど書いており、機械学習と画像処理は専門的な知識があります。

クラウドは完全に初心者でオンプレミスとの違いなども全く分からない状態でした。5月初旬から仕事の合間を縫って徐々に勉強してAWS Cloud Practitionerを取得し徐々にわかってきた、という段階です。

参考

受験された方のQiita記事

AWS Certified Machine Learning – Specialtyを受けてきた - Qiita
AWS Certified Machine Learning – Specialtyを受けてきました。 取得を考えている方の参考になれば幸いです。 試験概要 時間:170分 問題数:65問1 事前準備 cour...

合格されている方の記事

コメント