【初心者】Seleniumのインストールと設定手順

Python

こんにちは、しらすです。

今回はWebスクレイピングを強力にサポートしてくれるSeleniumのインストール方法をご紹介します。

といっても、ほとんど作業はありませんのですぐに完了するかと思います。

Seleniumをインストール

pipでインストールできます(anacondaをインストールしている場合はすでに入っているかもしれません)。

以下をコマンドプロンプトで実行しましょう。

pip install selenium

webdriverをダウンロード

先に自分のブラウザのバージョンを確認しておきましょう。chromeを開いて、右上のマーク(①)から確認できます。以下の写真だと「version 84」になります。

Google chrome用のドライバをこちらからダウンロードします。

自分のOSにあったものをダウンロードしてください。

ダウンロード後はインストールなどは不要のため、解凍した実行ファイルを「C:\Program Files」に置いておきましょう。

chromedriver.exeまでのPathを環境変数で設定しておくと、あとでフルパスを打ち込む必要がないので、設定しておきましょう。設定方法が不明な方はこちらからご確認ください。

動作確認

設定出来たら以下の3行をPythonで実行してみてください。Chromeブラウザを立ち上げ、googleのホーム画面を表示するコードになります。

from selenium import webdriver

driver = webdriver.Chrome("chromedriver.exe") #ウェブドライバのパスの設定しておく必要あり
driver.get("https://google.co.jp")

上手くブラウザが表示されれば作業完了です。

お疲れさまでした。

参考

Pythonでブラウザ操作を自動化するSelenium WebDriverの使い方
Selenium WebDriverはブラウザ操作に特化したライブラリです。WebアプリやWebからの情報収集といったルーチンを自動化できます。本記事では、PythonでのSelenium WebDriverの使い方を解説しています。

コメント