【4 weeks challenge – AI技術】Day 3 構造化/非構造化データ

daily_trial

こんにちは、しらすです。

本日は「構造化データ/非構造データ」について調べました!

構造化データ/非構造データとは何か?

データは構造化データ、非構造データ、半構造化データの3つに分けられます。二次元の表形式で表せるものが構造化データ、それ以外が非構造化データとなりますが、二次元の表に近い形式のものを半構造化データと呼びます。

ビックデータの活用と分析に至るプロセス(総務省) より

機械学習とデータ

機械学習を行うには、基本的には構造化データを利用する必要があります。よく画像処理や音声データなどの非構造化データに用いられるディープラーニングなどの手法は非構造化データを構造化して学習を進めていると考えることができます。

これまでは非構造化データを構造化する様々な手法が展開されてきましたが、ディープラーニングが出てきたことで非構造化データも効率的に扱えるようになりました。

参考

AI(人工知能)とは何か? 言葉の意味や定義から機械学習・ディープラーニングまでわかりやすく簡単に解説
本記事では「AI(人工知能)」の言葉の意味や定義から未来にもたらす効果までを徹底解説。これまでのAI研究の歩みや機械学習・ディープラーニングといった学習の仕組み、AIが活用された機能まで、"知っているようで知らなかった"AI(人工知能)に関する基礎知識をわかりやすくレクチャーします。

コメント